ドメインの適用

URLが「http//ec2<IPアドレス>」とIPアドレスがそのまま見えるのは、あんまり良くない感じなので、名前解決をしていこうと思います。

今回も良い参考になるサイトを元に進めました。
お名前.comで取ったドメインをAWSの「Route 53」で利用する

ドメインの購入場所はお名前.comから購入。1年で1000円以下です。
名前解決はAWSのRoute53を利用。このサイトではシングルルーティングですね。
特に問題なく、名前解決を構築できました。

ELBを作るのもありでしたが、まだ練習のためコスト面を考えるとRoute53→EC2 で良いかなと思います。

ドメインを適用した後は、またwordpressのアドレスを設定しているデータの更新が必要です。
WordPressのサーバーのIPアドレスが変更になったときの対処法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です