CloudWatchでアラートをメールで飛ばそう

ブログではないかと思いますが、CPUやメモリに負荷がかかりサーバーが落ちることがあります。今回はCPUが一定以上の負荷がかかったらアラートを出力し、メールで届くように設定します。

EC2のモニタリングは、CloudWatchを利用します。CloudWatchでアラートの条件を決めて、メールを飛ばすよう設定します。

まずはCloudWatchでアラートを作成します。
CloudWatchの画面で「アラームの作成」をクリック。

メトリクスを選択します。EC2のCPU使用率のため、「EC2」を選択します。
その後、対象のEC2とメトリクス名「CPU Utilization 」を選択。

次に条件を決めます。
CPU使用率が70%以上でアラートという条件にするため、しきい値に70を入れて、次へ。

次に通知設定です。
初期値でアラーム状態なのでそのまま。通知の送信先に「Default_CloudWatch_Alarms_Topic」を選択。この場合はAWSアカウント登録時のメールアドレスになるかと思います。SNSを設定すれば、任意のアドレスへ通知できます。

これでCloudWatchの設定は完了です。
試すならサーバーでstressコマンドを利用して、サーバーに負荷をかけてみましょう。
コマンドの使い方はQiitaから
 stressコマンドの使い方

CloudWatchの画面でCPUの使用率が見えますので確認すると、しきい値が超えたことがわかります。

しきい値を超えるとメールが来ます。
下記のようにアラート名が記載されたメールの本文があるので、これでサーバーが落ちる前に確認することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です